mina・to・wa 阪急阪神みなとわ

メリットと導入イメージ 医療機関

医療機関

  • 薬局

    • 残薬管理に役立つ
    • 多職種のメンバーに入り、ニーズを汲み取れる

    正しい服薬を多職種に呼びかけ

    多職種で情報連携される介護や日々の生活情報から、服薬状況等を確認することが可能です。

    〈 この機能が活躍! 〉

    • 多職種の記録を確認し、服薬方法や管理方法について助言することができる
    • 多職種との連携がとりやすくなる
  • 診療所・病院

    • 入退院支援がスムーズに
    • 要介護者様等の日々の様子がわかる

    入退院時には多職種が連携して確実な支援を

    入退院時の引継ぎを関係者間でスムーズに行えます。例えば、より詳細に在宅環境を理解し、リハビリを病院で実施することで退院時の病院から在宅への移行がしやすくなります。

    〈 この機能が活躍! 〉

    • 重点確認項目や掲示板の閲覧等で、入院前の様子が詳細にわかる
    • 退院後の新たな生活課題等の情報が共有できる
    • 関係者に注意事項を周知し、見たかどうかも一人ひとり確認できる
    • カンファレンス開催日程の調整が簡単にできる
  • 歯科

    • 要介護者様等の口腔内の状態がわかりやすくなる

    口腔管理の重要性を多職種と共有

    多職種が連携して口腔内の状態を把握し、口腔ケアにおける課題を発見しやすくなります。

    〈 この機能が活躍! 〉

    • 例えば、掲示板で共有された動画をみて義歯の不具合を発見することができる

メリットと導入イメージ